乳がん手術後肝臓、肺、骨転移 諦めず皆に笑顔の輪(和)を広げよ~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

乳がん治療中でもイキイキ笑顔で過ごしたい思い、少しでも治療中の人達の励みになればと2016年人生初のブログ決意。

じゃじゃ馬通信 水無月号

今月号は入院中病室にて


皆さん ご経験あると思いますが、初めてかも大きな病院受診は紹介状必要ですよね…


今回は色々な連携、繋がり


病院から病院は病診(診の漢字良かった?)連携


受診後、1ヶ所ならいいけど複数受診の場合院内連携

各科受付ごとに説明しなくてもいいようにコンピューター化しているなら課長してね…(^_^;)待たされるのは辛いよね…


入院治中

カルテはパソコン管理してますが見ずにくる人いると患者側が「こちらの足です」とか…(^_^;)

医師、看護師、薬剤師方々の連携


医師が一番上という考えはこれからの医療現場スムーズに流れないきも…皆さん⭕⭕師❕

横の連携スムーズだと院内殺気だってないもんね~🎵


連携…

横の繋がりを大切に思い小さな輪の繋がりで大きな輪になれば(昔のタモリの番組(笑))笑顔の人が増えるかな…(^_^) 古い?(笑)

優しい気持ちの人が増えると争いも減るかな…(^_^)


ため息をついで⭕⭕だから、どうせ⭕⭕だから…と言うより、深呼吸して濁点とり誰かの『たから者』になってみては(笑)


皆で命の絆を繋いで欲しい(祈り)


追伸 +歯科医師との連携


ガン治療で今大切と言われている口内環境

医師会、歯科医師会の連携も大切だと思います。

治療中「歯医者さん」受診促されるけど、病院内若しくは近隣歯科医あると助かります。

歯科医に連携して指示して下さる方がガン治療中患者は説明しなくてもいいし隣の日とに聞かれなくてすむし、体力的にあちこち行きだけない!よね…(^_^;)



真莉杏(マリア)